永久脱毛の概要と種類について

永久脱毛とは、毛根や毛乳頭を何かしらの方法で処理することで、再び毛が生えてくることを防ぐことをいいます。毛乳頭は、毛の発生や成長と司る部分であり、血管が神経が集まっている箇所であるため、ここを破壊することで毛が生えてくることを防ぐことができるとされています。ひとくちに永久脱毛といってもいくつかの方法あり、使用する機器も異なっています。現在主に行われている永久脱毛の方法は、「レーザー脱毛」、「光脱毛」で、レーザー脱毛や光脱毛が主流となる前は「ニードル脱毛」という方法が主流となっていました。

レーザー脱毛は、皮膚の表面にレーザーを照射して毛根や毛乳頭を破壊します。レーザーは毛の黒い色素に反応し、熱が蓄積されることで、毛根や毛乳頭を焼いてしまいます。レーザー脱毛は従来に主流だったニードル脱毛に比べて痛みがしくなく、短時間で処理することができることから人気の方法となりました。また、レーザー脱毛は医療機関でなければ施術することができないため、確実性と安全性の面からも人気となっています。

光脱毛は、カメラのストロボのような光を当てて、毛根や毛乳頭を破壊します。原理はレーザー脱毛と同様ですが、レーザーよりも光の範囲が広いことや、光が複数の波長を含んでいることといった違いがあります。光脱毛は、エステや脱毛サロンで行われており、医療機関よりも通いやすいをいった意見もあります。光脱毛の光は広範囲に拡散するため、一回の照射で処理できる範囲はレーザーより広く、痛みも少ないとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *