脱毛の主流の方法とは

脱毛は自宅で行う方法とサロンや医療機関を利用する方法の2つ分けることができます。自宅の場合は、かみそりやシェーバー、毛抜きやクリームを利用したり、ワックステープや家庭用脱毛器を使用します。どの方法も、永久効果はなく数週間の効果であったり、色素沈着や肌の炎症が起きる場合もあります。ですが、自宅で自分で行うため最も安価で行うことができますし、自分の都合がよいときにいつでも行える点がメリットです。

一方、サロンや医療機関を利用する方法には、サロンではフラッシュ方法、医療機関ではレーザー方法が行われます。ニードル方法は両機関で行うことができますが、現代はあ主流の方法ではなくほとんど採用されていません。ニードル方法は、毛穴一つ一つに細い針を通し電気を流して毛根を焼き破壊する方法で、痛みが強く所要時間も1時間半から2時間ほどかかり、料金も高いです。効果はとても協力というメリットはあります。

フラッシュ方法は、皮膚の表面にフラッシュライトを照射し、毛と毛根を処理する方法で、痛みは弱く所要時間も短く手軽に利用することができます。効果は低く、何回か利用する必要がありますが料金も安く肌へのダメージを低いです。レーザー方法は、皮膚表面にレーザーライトを照射し毛と毛根を処理する方法です。痛みがやや強く料金も高いですが、効果が高く永久効果が望めるメリットがあります。

このように、脱毛といっても様々な種類があるため自分に合う方法を選択するといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *