家庭用レーザー脱毛器は医療脱毛の代わりになる?

現在は、レーザーを使ったクリニックの医療脱毛施術の人気が高まっています。サロンの光脱毛に比べて高い出力で施術を行えるため、効率よく脱毛できるだけでなく、施術完了後の効果も永続的といえるほどに長く続きます。医療脱毛は現在行われている脱毛施術の中では唯一永久脱毛の定義に当てはまる施術といえるでしょう。今は家庭用脱毛器の中にもレーザーを照射できる製品が販売されていて人気があります。

プロの施術でも使われるダイオードレーザーを搭載している製品が多く、家庭用製品の中では出力が高いため比較的効果を実感しやすい脱毛器です。医療脱毛は効果的な施術ですが費用はそれなりにかかるので、こうした家庭用レーザー脱毛器を使って脱毛しようと考えている方も少なくないでしょう。しかし、クリニックで使われるレーザー脱毛機器と、家庭用レーザー脱毛器では出力に大きな差があります。家庭用製品は一般の人でも安全に扱えるように出力が抑えられているので、医療脱毛で使われるレーザーの出力と比べると低くなります。

家庭用レーザー脱毛器で効果が特に出にくいのは、産毛のようなメラニンの薄いムダ毛です。産毛や薄いムダ毛の場合はレーザーがメラニンに吸収されにくくなるため、再生組織に効果的なダメージを与えることができず、長期間使用してもしつこく再生してくるケースが多くなるでしょう。全身のムダ毛をしっかり脱毛していくには、十分な出力のあるクリニックのレーザー脱毛機器で脱毛してもらうのが安全かつ確実です。もし家庭用脱毛器でなかなか効果が出なくて困っている場合は、一度クリニックに相談してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *