医療脱毛のメカニズムと間隔

医療脱毛は昔のような、従来の針を用いた脱毛法とは異なり、強い痛みの伴わない脱毛方法です。1回ではなく施術が複数回に及ぶおえ入れだからこそ、体への負担はなるべく少なく、軽く抑えたいものです。医療脱毛の医療レーザーは、皮膚の下にある毛根のメラニン色素にのみ反応します。照射しても皮膚の表面には、特には反応しません。

針治療みたいな激しい痛みはなくて、ふつうの輪ゴムで少しはじかれた程度の、軽い痛みで脱毛治療をすることができます。医療脱毛のメカニズムですが、レーザー照射を数回行います。個人差を考えれば違いはあるものの、2ヶ月くらいの間隔でクリニックで照射をして、回数は6回もあれば満足な肌になります。でも何回も脱毛をするのは、手間と思うかもしれません。

それは体毛に毛のサイクルがあるからで、それに従い、数回の施術は必須になります。体毛の生える周期によって、ムダ毛は次々に生え変わります。皮膚の奥に潜んでいる毛に関しては、レーザー照射の反応がまだできない状態です。レーザーの熱を確実に届けるためにも、毛周期を把握して、毛の成長をする時期を見計らって、段階的にレーザー両者をしていくのが、高い脱毛効果にもなるのです。

治療についてですが、クリニックでの脱毛の1回の施術は、比較的短時間で完了します。毛の多さとか、毛の色の濃さなど、人によって違いがあるので、施術回数は異なります。普通は2ヶ月間隔くらいで、レーザー脱毛の施術を受けていき、およそ6回位もすれば高い脱毛効果を実感する頃になります。銀座・吉祥寺で医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *