レーザーを用いた医療脱毛のメリット

美容クリニックなどの医療機関で、レーザー光を利用した医療脱毛を受ける人が、最近は多くなっています。医療脱毛とは、脱毛をしたい部位にレーザー光を照射し、ムダ毛の再生や成長に関わる毛母細胞を破壊するというものです。光を利用した脱毛はエステや、脱毛サロンでも行われていますが、医療機関でレーザーを用いた脱毛を行うと、高い脱毛効果が期待できます。毛根自体に直接ダメージを与えることから、1回の処理でほとんどの毛根は再生能力を失います。

レーザーの光を照射するだけの施術なので、時間がさほどかかりません。脇の下の医療脱毛を行う場合、施術にかかる時間は5分程度です。その分、お肌にかかる負担も少なく済むことが、嬉しいところです。また、医療脱毛の場合、医師や看護師といった、医療にたずさわる人が施術を担当します。

専門知識を持っている人に施術をお任せすることができるので、安全性や、信頼性の高い施術を受けることができます。お肌の状態をチェックしながら脱毛施術をしてくれるので、肌が荒れやすい人や、アトピー肌の人なども、安心して利用できます。また、医師が担当してくれますので、万が一にも施術後に肌の荒れがひどくなったり、肌が火傷状になるなどのトラブルが発生しても、適切に対処してもらえます。最近は、コスト面での研究も進み、エステでの脱毛と遜色ないくらいの低価格で利用できる医療脱毛もふえています。

エステのように勧誘の心配もないため、料金的にも安心して受けることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *