不動産投資の一つの手段として駐車場を経営する方法がありますが、駐車場経営の中にも立体駐車場と平面駐車場の二つに分かれます。その中でも立体駐車場を経営することには、様々なメリットが得られると言えるでしょう。立体駐車場経営におけるメリットとしては、まず第一に狭いスペースでも駐車台数を増やせるという点が挙げられます。平面とは異なり、縦方向にスペースを活用することができるのが一番の強みと言えるでしょう。

自走式と呼ばれる運転手が自分で駐車スペースまで運転をするタイプでも、駐車台数を大幅に増やすことはできますが、もう一つの機械式の場合には車路を確保する必要もなく、すべてを駐車スペースとして利用することができます。そして防犯性能が高いことも一つのメリットです。大型の商業施設などを考えるとわかりやすいですが、たくさんの人が集まるので、駐車場を経営するにあたっても防犯性が非常に重要となるでしょう。駐車場は基本的には無人になるので、安全面にはやや不安が残りがちです。

防犯カメラなどを設置したとしても、完全に防ぐことは難しいでしょう。しかし機械式の場合には、車は機械の中に収めることになるので、この点からすると防犯性が非常に高く、安心して利用することができます。最後に利回りが上がりやすいということです。どのような立地の良い土地であっても、平面の場合には利回りの条件は限りなく低くなります。

しかし立体の場合には、同じ土地を活用するにしても、複数段活用することが可能となるため、駐車スペースも多くなり、利回りが上がりやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です